/

この記事は会員限定です

女性活躍社会に必要なこと(8) キャリア形成阻む「くっつく床」

日本女子大学名誉教授 大沢真知子

[有料会員限定]

労働者が一人前になるよう、会社は多くの投資をしています。その見返りを得るには、長く働いてもらう必要があります。

平均的に見て女性の勤続年数は短いため、企業はコース別人事管理制度を設け、長期にキャリアを蓄積する総合職と、職務が限定され主に定型的業務をこなす一般職に分けて人材活用してきました。直接女性を差別しているわけではありませんが、結果的に総合職の8割は男性で、一般職の8割は女性という男女差が生ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン