/

この記事は会員限定です

女性活躍社会に必要なこと(4) オランダとドイツの先例に学ぶ

日本女子大学名誉教授 大沢真知子

[有料会員限定]

1980年代から90年代にかけて、経済のサービス化とグローバル化が進展しました。人や物やお金が国境を越えて自由に移動することでコスト競争が激化し、各国ともに雇用契約期間に定めのある有期雇用労働者が増えました。

雇用の安定を維持しながら、変化に柔軟に対応できる仕組みをつくることが大きな課題になりました。また、働く女性が増えることで、仕事と家庭の両立に悩む労働者も増え、「ワーク・ファミリーライフ・コン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン