/

この記事は会員限定です

女性活躍社会に必要なこと(2) 日本は性別役割分業が前提

日本女子大学名誉教授 大沢真知子

[有料会員限定]

女性の活躍が経済の発展に資するとして、2015年に「女性活躍推進法」が10年間の時限立法として成立しました。企業に女性活躍推進に関する状況把握や課題抽出とともに、情報公開が義務付けられ、現在は常時雇用労働者が101人以上の企業が対象です。

数値的な目標として政府は、指導的な立場にある女性の割合を20年に30%にすることを目指しました。しかし、実現できなかったため「20年代の可能な限り早期に」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン