/

この記事は会員限定です

日銀と証券界の関係、 ETFが取り持つ奇縁

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

日銀は4月から上場投資信託(ETF)のむやみな買い入れを取りやめた。しかし、保有しているETFの残高は時価で約49兆円あり、運用会社が受け取る委託者報酬は合計営業収益の13.8%にも達する。運用会社は貸株料収入を得るため、ETFが持つ個別株を空売り用に貸し出してもいる。約款を変え、顧客に全額還元していた貸株料の約半分を手数料として取り込むところも出てきた。日銀の説明に反し、議決権行使をしない場合もある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2775文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン