/

この記事は会員限定です

沖縄返還から半世紀、むしろ深まる政府との溝

編集委員 大石格

[有料会員限定]

2022年5月、米施政下にあった沖縄が日本に返還されて半世紀の節目を迎える。この間、国内有数のリゾート地として認知されるようになった一方、本土との経済格差はなかなか縮まらず、県民所得は全国最下位を抜け出せずにいる。22年は米軍普天間基地の県内移設の行方に影響する知事選や名護市長選が予定されており、政府との溝はかつてなく深まっている。県民は祝賀ムードとは程遠い状況にある。

少子化時代の優等生

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン