/

この記事は会員限定です

田中泯のダンサー人生 「言葉以前」の表現、踊りで追求

 

[有料会員限定]

時代劇などで"怪優"ぶりが光る田中泯(76)。だが本来は道端で踊り、野良仕事で身体を鍛えるダンサーだ。その活動や思想に迫る映画が誕生、アングラを貫くような生き方を聞いた。

「おまえが生まれた日は、空が真っ赤だったよ」

母にそう言われたという。1945年3月10日、東京大空襲の日に、東京の中野区で生まれた。自宅から、業火に見舞われた下町の空が見えたのだ。

映画「名付けようのない踊り」(1月28日公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン