/

この記事は会員限定です

インフレ・デフレ論、「どちらもあり得る」の呪縛 

編集委員 高井宏章

[有料会員限定]

インフレの先行きについて、市場関係者の見方が割れている。原油など国際商品の高騰からインフレ到来を予期する声がある半面、中国経済の成長鈍化によるデフレ警戒論も根強い。両極端なリスクの綱引きはマーケットの不安定要因になりかねない。

供給不足と物流費上昇

「供給網の逼迫は優に2022年まで続くだろう」。エネルギー問題の権威、ダニエル・ヤーギン氏が最近、こんな悲観論を示した。バイデン政権が働きかけた米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン