/

この記事は会員限定です

外国人生徒にデジタル教材を 小沢亘氏

立命館大学名誉教授(社会学)

[有料会員限定]

文部科学省によれば、全国の公立の小中学校や高校などで日本語の指導が必要な児童・生徒は、日本国籍者も含めれば5万人を超える。また、義務教育で不就学になっている外国人は約2万人と推計されている。外国人の児童・生徒にとって、日本語特有の難しさは高い文化障壁なのだ。この壁を乗り越える切り札として、デジタル教材への期待が高まっている。

音声付きのデジタル教材は、カラオケのように文字と音声が同期して再生され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン