/

この記事は会員限定です

BRICS、同床異夢でも前進 スリーラム・チャウリア氏

印O.P.ジンダル・グローバル大教授

[有料会員限定]

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカによるBRICSの第14回首脳会議が、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の主宰で6月23日に開かれた。BRICSはロシアのウクライナ侵攻を巡る意見の相違などにもかかわらず、前進を続けている。この枠組みが存続している背景として、参加国それぞれの国益に合致している点は見逃せない。

中国の立場からすると、BRICSは欧米抜きの国際秩序が可能であると示す有益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン