/

この記事は会員限定です

米エクソンのみ込むESGマネー、日本企業にも波及

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米石油大手エクソンモービルが26日に開催した定時株主総会で、物言う株主(アクティビスト)が推薦した取締役候補4人のうちの2人の選任が決まった。ESG(環境・社会・企業統治)重視の資本市場の潮流を象徴するできごとだ。ESGアクティビストと年金・資産運用会社の連携プレーも確立した感がある。市場との対話の重要性など、6月に株主総会を控える日本企業への示唆も多い。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン