/

この記事は会員限定です

「ルパン三世」彩る大野雄二の華麗な作曲術 

[有料会員限定]

アニメ化50周年を記念してテレビ第6シリーズの放送が始まった「ルパン三世」。40年以上、一貫して音楽を手がけてきた作曲家の大野雄二(80)がルパン・サウンドの秘密を語った。

「ルパン三世」第1シリーズが始まったのは1971年。77年開始の第2シリーズ以降は映画や単発のテレビ長編を含め、劇中音楽は一貫して大野が担当してきた。10月からスポティファイなど音楽配信各社で約1200曲のストリーミングサー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン