/

この記事は会員限定です

特別定額給付金の効果 手元資金の多寡、反応に差異

久保田荘・早稲田大学准教授 田中聡史・クイーンズランド大学シニアレクチャラー

[有料会員限定]
ポイント
○マクロ経済学でもミクロデータが重要に
○流動性資産の保有状況が政策効果を左右
○財政・金融政策で家計間の異質性考慮を

バーナンキ元米連邦準備理事会(FRB)議長はかつて「大恐慌を理解することはマクロ経済学の聖杯である」と述べた。過去に経験してきた経済不況に学び、将来への教訓を見いだすことはマクロ経済学の大きな目的の一つである。

コロナ危機でも、将来の学問的な基礎となりうる実証的なエビデンス(証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン