/

この記事は会員限定です

確定拠出年金、株運用で強み 税優遇効果生かしやすく

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2001年10月の確定拠出年金(DC)法施行から間もなく20年。加入者は原則会社が掛け金を出す企業型、原則自分で出す個人型(iDeCo)をあわせて近く1000万人規模になる見込みだ。しかし資産残高の約半分はともに預貯金など元本確保型が占める。運用中は非課税で効率的に資産を増やせるDCの税優遇は元本確保型では生かしづらく、有効活用は道半ばだ。賢い運用術を探った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン