/

この記事は会員限定です

経済安保、提携前に調査徹底を 古野啓介氏

JPリサーチ&コンサルティング社長

[有料会員限定]

政府は経済安全保障推進法案を通常国会に提出する見通しである。米中経済戦争が激化し、マネーロンダリング(資金洗浄)・テロ資金供与対策が世界的に強化され、企業を取り巻く環境は大きく変化している。日本企業は安全保障の強化という観点から事業活動を再点検する必要に迫られている。

企業にとっての安全保障とは何か。第一に、提携や資本交渉の際には事前に相手方を十分に調べるということである。相手方の株主や支配関係...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン