/

この記事は会員限定です

日銀、インフレにも目配りを 物価上昇局面の金融政策

北坂真一・同志社大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○物価高対策としての消費税減税は逆効果
○長短金利操作の継続はマイナスが大きい
日銀は環境変化への対応と独立性堅持を

米国や欧州は2021年から高インフレに直面し、22年に入り米連邦準備理事会(FRB)は3会合連続で政策金利を上げ、欧州中央銀行(ECB)も11年ぶりの利上げを予告する。日本でも食品やガソリン価格、電気料金などが上昇し、インフレの兆しが見える。

日銀は2%の物価安定目標に向けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン