/

この記事は会員限定です

コロナ下の「フレイル」予防 IT活用で高齢者も楽しく

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

高齢者らを対象に、IT(情報技術)を駆使して運動を促すサービスが続々と登場しています。新型コロナウイルス感染症を警戒して自宅にこもりがちになると、「フレイル」と呼ばれる心身の虚弱が進んだり、認知症を発症するリスクが高まったりするといわれます。ビデオ会議システムを使ったリモートでの運動指導プログラムや、楽しみながら街歩きができるスマートフォンのアプリなどで、こうした状態に陥るのを予防するのが狙いです...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン