/

この記事は会員限定です

中退・不登校防ぐ高校づくり 生徒「排除」の構造変える

磯村元信・東京都立八王子拓真高校長

[有料会員限定]

「排除」から「配慮」へ――。東京都立八王子拓真高校が高校の組織文化の改革を進めている。目的は不登校や中途退学の防止だ。磯村元信校長に寄稿してもらった。

東京都立八王子拓真高校は昼夜間3部制の定時制高校で、不登校経験などのある生徒向けの入学枠「チャレンジ枠」のある都内唯一の高校だ。前身は都立第二商業高校。「織物のまち八王子」を支える職業高校だった。

現在は進学者が5割、就職者が3割の進路多様校だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン