/

この記事は会員限定です

筒美京平が紡いだ「泣きの旋律」 ヒット歌謡曲の神髄

[有料会員限定]

歌謡曲黄金期に数々のヒットを放ち、昨年80歳で逝った作曲家の筒美京平。往年のスターたちが筒美作品を歌った4月の公演は大盛況だった。今も大衆を魅了する筒美作品の魅力とは。

1969年の大ヒット曲「ブルー・ライト・ヨコハマ」のイントロが始まると、マスク着用と歓声禁止を義務づけられた観客から盛大な拍手が巻き起こった。オリジナル歌手のいしだあゆみの代わりに、いしだと同世代のスター、伊東ゆかりが歌う。街の灯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン