/

この記事は会員限定です

中国、過信がもたらす停滞 ミンシン・ペイ氏

米クレアモント・マッケナ大学教授

[有料会員限定]

米国のバイデン大統領の就任からまだ100日と少しかもしれないが、中国との雪解けの期待は、ワシントンでも北京でも急速にしぼみつつある。バイデン政権の対中政策は、実質的には前任者とほとんど変わらないようにみえる。同政権は、米国にとって中国を最も危険な地政学上の敵とみなすが、中国の米国への認識も全く同じだろう。

焦点は、ますます敵対的になっている両国関係がさらに悪化するのをどのように防ぎ、直接の軍事衝突...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン