/

この記事は会員限定です

紛争地の医療崩壊、食い止めよ 村田慎二郎氏

国境なき医師団(MSF)日本 事務局長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大により、日本で医療崩壊という言葉を聞かない日はない。しかし世界の紛争地では病院や医療従事者が軍事的な攻撃を受けるという、もう一つの深刻な医療崩壊が起きている現実を知ってほしい。

2月に軍事クーデターが発生したミャンマーでは、市民に加えて医療従事者も不当に逮捕・勾留されている。医療施設や医療従事者への攻撃が100件を超えたとする公的機関の報告もある。

紛争地での医療への攻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン