/

この記事は会員限定です

外為法論議、「感覚の欠如」露呈 経済安全保障の論点

細川昌彦・明星大学教授

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
ポイント
○貿易・投資の自由は安保の確保が大前提
○外為法の事前届け出制の抜け穴をふさげ
○安保案件の説明は限定的なのが国際常識

米中対立が激化するなか、経済安全保障の重要性が一段と増している。とりわけ先端技術の流出を阻止する輸出管理と投資管理の強化が国際的に重要になっている。2020年の外国為替及び外国貿易法(外為法)改正もその一環だ。国が企業の自由な取引に介入することになるだけに、規制は必要最小限であ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン