/

この記事は会員限定です

国民審査は「おまけ」か? 違憲訴訟が問うた意義

編集委員 石川淳一

[有料会員限定]

最高裁裁判官の国民審査について、海外に住む日本人が投票できないのは憲法違反とする判断を最高裁が示した。国際化の流れを考えても当然の結論といえる。一方でこの訴訟は1つの問いを投げ掛けたように思える。「国民審査ってなんなの?」

辞めさせたいと思う裁判官の氏名に「×」をつけ、有効投票の半分を超えた裁判官が罷免される。憲法79条を読み返すまでもなく、手続きはほとんどの人が知っている。実際に投票したことも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン