/

この記事は会員限定です

遅れて来た野田追悼演説 党派超えた「共通の基盤」示す

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

10月25日、衆院本会議で野田佳彦元首相(立憲民主党最高顧問)が安倍晋三元首相への追悼演説をした。「かたきのような政敵」でも、許されない暴力で非業の死を遂げた首相経験者を手厚く悼み、民主政治を守り抜く決意を議場で共有する。党派を超えた「共通の基盤」を指し示し、国会の矜持(きょうじ)をかろうじて見せた23分間だった。

首相経験者への追悼演説には、野党の首相経験者や党首級が立ち、政治的対立を超えて論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません