/

この記事は会員限定です

「来期減益」は行き過ぎか 日本株の悲観は揺り戻しも

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

欧米株と比べた日本株の相対的な弱さがいっこうに解消されない。原因はどこにあるのか。新型コロナウイルス変異株の感染拡大や内閣支持率の低下といった国内要因が取り沙汰されるが、よく考えると、これらでは4月からつづいている日本株のアンダーパフォームを説明しきれない。真相は別のところにある。

「日経平均株価で2万8000円近辺の水準に相場が来ると上値が重くなる。売り注文が増えるというより、買いの手が引いてし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン