/

この記事は会員限定です

実験で考える労働生産性(3) 内容や介入で異なる形態

立命館大学准教授 森知晴

[有料会員限定]

フィールド実験にはいくつかの形態があり、実験内容や介入の形態が異なります。結果として、外的妥当性の程度も異なります。ここでは3つの形態に分けて紹介します。

1つ目は「人工的フィールド実験」と呼ばれる形態です。これは、学生を対象にした実験室実験を、学生ではない参加者を対象におこなうものです。労働生産性の例では、実験室で実施されるような数分~数十分程度で完了する作業の実験を、学生ではない参加者に対し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン