/

この記事は会員限定です

新しいルール、企業誘導型で ギグワーカーの未来

大内伸哉・神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○労働法・独禁法適用のはざまに陥る危険
○プラットフォーマーの責任、新たな課題
○人間と機械の協働のあり方再構築も重要

昨今、耳にすることが増えたギグワーク(単発労働)は、ネットを使って仕事を受注する働き方であり、大半が自営のため通常のアルバイトと違い労働法は適用されない。隙間時間を利用して労務やスキルを他人と共有する点ではシェアリング経済としての面もある。

情報通信技術(ICT)などのデジタル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン