/

この記事は会員限定です

ローカル鉄道の存廃、国が関与 問われる地域の熱量

編集委員 谷隆徳

[有料会員限定]

ローカル鉄道のあり方について議論してきた国土交通省の有識者検討会がこのほど、提言をまとめた。JRの地方路線も対象に、国が主体的に関与して存廃を協議する仕組みを設けるよう求めた。今年は新橋ー横浜間に日本初の鉄道が開業して150年。日本の鉄道は1987年の国鉄民営化以降、最大の転換期を迎えたといえるのだろう。

人口減少が加速するなかで、これまでも全国各地でローカル線の再編が進められてきた。ただし、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン