/

この記事は会員限定です

気づきと共感が価値の源泉 製造業のデジタル化

森川博之・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○現場の隠れたニーズに気づく努力が必要
○技術と人をつなぐ人材がますます重要に
○無形資産を組み合わせて競争優位に立つ

デジタル化の起点は現場での気づきである。デジタルテクノロジーの教科書は山とあるが、どこにどのように導入していけばよいかを示してくれる教科書はない。答えは、日々の仕事や暮らしの中にある。

英国のフィンテック(金融と情報技術を結び付けたビジネス)ベンチャーのタンデムという企業が「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン