/

この記事は会員限定です

芸術界に強まるロシア排斥 「文化的制裁」が生む分断

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ロシアによるウクライナ侵攻が世界の芸術界に暗い影を落としている。各国の芸術家や文化人から抗議の声が上がる一方、一部のロシア出身の音楽家を排斥する動きも出ている。分断の深まりは深刻な様相を呈し始めた。

ロシア政府と関係が深い芸術家・文化人を締め出す動きが急速に広がっている。

著名な指揮者でサンクトペテルブルク・マリインスキー劇場の芸術総監督であるワレリー・ゲルギエフは、侵攻が始まって以降の欧米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1695文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません