/

この記事は会員限定です

エンタメ、世界は遠く ジャニーズ・AKB・吉本の蹉跌

編集委員 石鍋仁美

[有料会員限定]

米国で、自国の音楽グループがチャート上位の常連になり、映画が最高賞を受け、ドラマが世界の若者にヒットする――。日本のエンターテインメント業界が夢見た姿を次々に実現しているのが韓国だ。ジャニーズ事務所、AKB48、吉本興業など、日本のエンタメ界を席巻した有力プレーヤーらに欠けていたものは何か。デジタル戦略、人材育成、文化的多様性への対処の3つが挙げられる。

世界を意識する韓国エンタメ

Nikkei Views

編集委員が日々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン