/

この記事は会員限定です

[社説]医療改革を進める診療報酬の見直しを

[有料会員限定]

医療機関が受け取る診療報酬の2022年度改定に向けた議論が、政府内で本格化してきた。新型コロナウイルス禍で浮き彫りになった日本の課題を踏まえ、医療体制の改革への第一歩となる見直しを行ってほしい。

診療報酬は保険医療の公定価格として厚生労働省が定める。原則として2年に1度見直され、年末の政府予算案の編成に合わせて政権が全体の改定率を決定し、それをもとに厚労省が診療行為ごとに具体的に値付けする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン