/

この記事は会員限定です

関西の地域おこし協力隊 兵庫・豊岡市が群抜く

データで読む地域再生 関西

[有料会員限定]

関西6府県でも地域おこし協力隊の活動は、地域活性化や定住人口の増加につながっている。2020年3月末までに関西で合計492人が任期を終え、その約6割が活動した地域で就職・就農や起業をして定住している。地域に活力を与える人材として協力隊を重要視する自治体は増える。ただ、定住に結びつかないケースもあり、課題も浮かび上がっている。

データで読む地域再生

20年3月までの累計で任期終了者が一番多いのは兵庫県で145人。次いで奈...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン