/

この記事は会員限定です

薬剤耐性菌への対応を急げ 黒川清氏

日本医療政策機構代表理事

[有料会員限定]

英国で6月に主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開催された。サミットにあわせて開かれたG7の気候・環境相会合や保健相会合、財務相・中銀総裁会合で議論され、共同宣言で言及された地球規模の課題をご存じだろうか。細菌の薬剤耐性(AMR)である。

例えば気候・環境相会合は「環境中のAMRに関する知見を蓄積することにコミットする」と言及した。保健相会合では「経済的障壁を克服し、抗菌薬研究開発における持続的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン