/

この記事は会員限定です

京都・与謝野町、ホップ生産に力 都市部の醸造所増加

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西6府県のクラフトビール(地ビール)醸造所は2021年9月時点で72カ所と、10年間で3倍になった。大阪、神戸、京都など都市部で店内醸造して提供する飲食店が増えているほか、地方部でも地元農産物を副原料に使ったクラフトビールで地域振興につなげようとする動きが広がる。醸造所の連携によって市場の底上げを狙う取り組みも始まっている。

データで読む地域再生

5月にオープンした彦根麦酒の荒神山醸造所(滋賀県彦根市)。のどかな田園...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2271文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン