/

この記事は会員限定です

加盟交渉を問題点是正の好機に 中国、TPP参加の是非

伊藤信悟・国際経済研究所主席研究員

[有料会員限定]
ポイント
○対米依存度低下と世界経済への貢献狙う
○加盟には経済制度の大幅な調整が不可避
○中国の経済特性や安保例外意識し交渉を

9月16日、中国が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請した。ただし、中国がこのハイレベルな自由貿易協定(FTA)に加盟するには、大胆な改革や開放が不可避となる。それゆえ、加盟申請の真意や本気度を巡り、様々な観測が浮上している。

この点について中国政府は①TPP加盟申請...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン