/

この記事は会員限定です

不妊治療保険適用の年齢制限 田中雄大氏

メディカルパーク湘南院長

[有料会員限定]

4月から保険適用になり、不妊治療を取り巻く環境は大きく変わった。若い世代がより手軽に不妊治療を始められるようになった点はプラスだが、マイナス面もあると感じている。それは年齢制限の壁である。女性の年齢が43歳以上の場合、保険適用にならない。

女性の妊孕性(にんようせい、妊娠しやすさ)は年齢とともに下がる。不妊治療の成功率をみれば、35歳で約25%の妊娠率は、40歳で約15%、45歳では4%程度まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません