/

この記事は会員限定です

出産・子育てをリスクにするな 少子化に打つ手はないか

前田正子・甲南大学教授

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
ポイント
○少子化対策は財源問題を抱えつぎはぎに
○自治体間格差や利用者属性による格差も
○子どもや若者守るという社会の覚悟示せ

2021年の日本人の子どもの出生数は約81万人と前年より3.5%減少した。この出生数への減少は政府の推計より6年早い。コロナの影響もあるのか、想定より速いスピードで少子化が進んでいる。産まれる子どもの数が減るということは、将来親になる人が減るということでもある。このまま放置す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン