/

この記事は会員限定です

スイカ・雪だるま専用バッグ 「狭すぎる用途」に共感

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「さすがに使い道、狭すぎるだろう」と思わず突っ込みたくなる。今、話題の土屋鞄製造所(東京・足立)が発信する数々の"変わり種"高級バッグのことだ。

例えばスイカバッグ。文字通り、スイカを運ぶための専用バッグ。スイカがまるごと入り、しっかりホールドして送り先に届ける。極上の革を張り込んだ逸品で、価格はなんと11万円だ。

おふざけ商品と思いきや、「日本の四季や感性を大事にしたいという思いと、ホームパーテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン