/

この記事は会員限定です

原子力政策 岸田文雄首相の指示に4つの疑問

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

岸田文雄首相は8月24日のGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で、次世代型原子力発電所の開発や既存原発の再稼働促進など原子力政策の新たな方針を打ち出した。足元の電力安定供給と中長期のカーボンニュートラルのため原子力が必要だとの判断からだ。原子力の必要性は理解できるが、首相の方針から4つの疑問が浮かぶ。

①電力需給逼迫の解消につながるのか

原子力はいわゆるベースロード電源だ。稼働すれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません