/

宝塚月組トップ2人、サヨナラ公演 滅びゆく南朝の美 

宝塚歌劇月組のトップスター珠城(たまき)りょう=写真=と、娘役トップの美園さくら。この2人のサヨナラ公演が、東京宝塚劇場で行われている(8月15日まで)。

まず「桜嵐(おうらん)記」(上田久美子作・演出)。南北朝時代を舞台にした歴史劇で、楠木正成の子である正行(まさつら)、正時、正儀(まさのり)の3兄弟の苦悩や、正行と日野俊基の娘、弁内侍(べんのないし)との、はかない恋の行方が描かれる。

朝廷が2つあった南北朝の複雑さについて、現代日本人はよく理解しているとはいえない。しかし作者は、難しい題材に何度も取り組んできた上田である。この時代の構造をすっきりと解説しつつ、宝塚歌劇の様式美と、サヨナラ公演にふさわしい滅びの美とを同時に実現させた。

楠木正成は後醍醐天皇の南朝についた武将だ。この2人の没後、劣勢の南朝にあって、公家の手前勝手な要求に耐えながら少数の兵で善戦、弁内侍(美園)への思いを押し隠して、正行(珠城)は満開の吉野の桜を背景に、真っ赤な戦装束を身につけて死へと向かう。トップの最後の舞台にふさわしい見せ場である。月城かなとが演じる正儀ほか、周囲の人々のドラマも織り込んでいるので他のスターたちの見せ場も多い。さらに全体に、珠城の実直な人柄をも伝える構成になっていて、客席にしみじみとした感動がもたらされた。

後半の「Dream Chaser」(中村暁作、演出)は夢をテーマにしたショー。宝塚歌劇の醍醐味ともいえる男役の群舞が、最もベーシックな黒燕尾で行われたことも、正統派トップの最後を彩る演出として好ましかった。

(瀬崎久見子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン