/

この記事は会員限定です

投資家を取締役に 米国発「ボード3.0」日本企業でも

[有料会員限定]

長期投資家を社外取締役に迎え、取締役会の情報収集力やアクティビストとの交渉力などを高める取り組みが注目されている。米国発の「ボード3.0」と呼ばれる動きだ。日本企業でも社外取締役は増えているが、「期待ほどの役割を果たしていない」との批判もある。投資のプロを取締役に加えることで、コーポレートガバナンス(企業統治)を進める狙いがある。ただ、一部の株主との利益相反などの課題も含む「劇薬」の側面もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン