/

この記事は会員限定です

政治のゲーム理論分析(7) 公約を事後評価する重要性

早稲田大学准教授 浅古泰史

[有料会員限定]

選挙において有権者が、政治家の資質や過去の業績ではなく、将来実行される政策、つまり公約に基づいて投票することもあります。しかし、公約を破っても法的には罰せられず、必ず実現するわけではありません。そんな公約には、主に3つの役割があると指摘されています。

第一に、コミットメント機能です。ゲーム理論で「コミットメント」は信頼できる約束のことです。つまり公約を通して、将来実行する政策を約束するという一番基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン