/

この記事は会員限定です

[社説]東芝は経営立て直しと責任追及を進めよ

[有料会員限定]

東芝経営陣に対する株主の怒りがいかに大きかったのか、ということだ。東芝が25日開いた定時株主総会で、社外取締役の永山治取締役会議長(中外製薬名誉会長)の再任案が否決された。

理由はあきらかだ。昨年7月の定時総会の運営について調査した外部弁護士チームが「公正に運営されたとはいえない」とする報告書を今月公表していた。指名委員会委員長も務めていた永山氏の責任は大きいと株主は判断した。

総会では監査委員会委員の小林伸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン