/

この記事は会員限定です

トンガ噴火、気温低下や温暖化への影響は

[有料会員限定]

南太平洋トンガで1月15日に発生した海底火山の大規模噴火は大量の火山灰やガスを噴き上げた。世界的な気候への影響が懸念されたが、気温を下げる働きをする二酸化硫黄(SO2)の放出は少なく、地域は限られる見通しだ。火山噴火で出る二酸化炭素(CO2)が温暖化を加速させる可能性はない。脱炭素への努力を続ける必要がある。

噴火した「フンガトンガ・フンガハーパイ」は、トンガの首都ヌクアロファのあるトンガタプ島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン