/

この記事は会員限定です

段階に応じて「変態」せよ 日本企業再生は可能か

若林秀樹・東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○売上高1兆円超では中周期中量の事業を
○上方突破にこだわらず横シフトの選択も
○経営モデルや企業文化の変貌を恐れるな

グローバル市場において日本企業に欠けているものは、規模と成長性である。8月に発表された米誌の企業ランキング「フォーチュン500」で日本企業は53社、中国135社、米国122社。これが現実だ。

かつて日本が誇った電機精密などのテック企業もM&A(合併・買収)やポートフォリオの入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2571文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン