/

この記事は会員限定です

「投資主導で安定成長」道険し 苦境続く中国経済

西村友作・対外経済貿易大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○強引な景気刺激策で地方政府の債務膨張
○過疎化進む地方都市で不動産不況深刻化
○イノベーション生む新型インフラに期待

中国経済が試練を迎えている。新型コロナの感染再拡大により、2022年第2四半期(4~6月)の実質経済成長率は前年同期比0.4%と、前期(同4.8%)から急減速した。特に厳しい防疫措置が実施された1人当たり域内総生産1位の北京と2位の上海の影響が甚大だった。

5年に1度の共産党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン