/

この記事は会員限定です

老親の介護、税を軽減 扶養・障害者控除で24万円減も

[有料会員限定]

「扶養控除以外にも何か税制上の支援策はないのだろうか」。扶養していた夫の老親が要介護状態になったときにそう考えたのはファイナンシャルプランナー(FP)の深田晶恵氏。住んでいる東京都大田区のサイトを見ると、自治体の認定によって税制上の障害者控除を受けられる可能性があると知り、認定を申請。今年春の確定申告で還付を受けられたという。

障害者控除は税法上の障害者にあてはまる場合、障害者本人や扶養する親族...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン