/

この記事は会員限定です

戸籍法改正で問われる命名文化

NIKKEI The STYLE 文化時評

[有料会員限定]

光兜、児輝、天、波亜、絆希、音暖、希星、輝星、咲恋、心詩――。これらは実在する新生児の名前である。それぞれどう読むのか、お分かりだろうか?

答えは、らいと、るき、しえる、なろあ、ばき、のの、きらら、きあら、えれん、こんず――。前半5つが男児名、後半5つが女児名だという。うまく読めずに戸惑う人が多いかもしれない。

近年、こうした読みが分かりにくい名前が急増している。極端な例は「キラキラネーム」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLE の名物コラム「文化時評」の記事サイトです。アート、文学、サブカルチャーなど文化・社会における旬の話題やニュースを論評します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン