/

「投資のワナ」どう避ける 11月の「まねび」必読記事

11月の日経電子版「マネーのまなび(まねび)」では、「投資の落とし穴」をテーマとした個人投資家1000人への調査や、一般NISA(少額投資非課税制度)の期間満了への対応策、住宅ローンと金利上昇リスクに関する記事などが関心を集めた。

投資家1000人調査では、どんな行動や心理が投資の損失につながったのか、アンケートをもとに深掘りした。過度なリスクテークや見込み違いといった判断ミスを招く落とし穴として、過度の楽観や慢心が浮かび上がっている。

「NISA、期間満了に備え」は、この年末に5年の非課税運用期間が切れる投資家には必読の内容。資産を2022年スタートのNISA口座に移す「ロールオーバー」を選ぶか、いったん利益を確定するか。あるいは課税口座に移行して、他商品との損益通算効果を狙うか。判断のポイントがつかめる。

年末といえば、毎年「駆け込み需要」が高まるふるさと納税についても再点検しておきたい。

住宅購入では最近、頭金の割合を抑えたり、ゼロにしたりするケースが増えている。物件価格の上昇と並ぶ背景は超低金利。しかし、変動金利のローンには、将来の金利次第で月々の返済額が増えるリスクがつきものだ。

記事では、具体的な金利上昇シナリオにそって、どれぐらい返済額にインパクトがあるのか資産を示した。世界的にインフレ圧力が高まり、欧米では金融緩和の巻き戻しも始まっている。日本ではまだ「万が一」の話という感もあるが、リスクを一度おさらいしておきたい。

「まねび」の必読記事リンク

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン