/

この記事は会員限定です

割安でも日本株が買われない、それなりの理由

編集委員 川崎健

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本株が少々厄介な方向に向かっているかもしれない。「バリュー・トラップ(割安のワナ)」を疑わせるからだ。そうであれば、さすがに安すぎると思って投資家が買ってはみたものの、株価はずっと割安な水準に留め置かれる。企業業績は好調だし、外部環境も決して悪くない。それでもこの市場にワナが隠されているのであれば、それなりの理由があるはずだ。

日本株は本来、こんな反応をするはずではなかっただろう。市場参加者の多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン